縅毛種類

日本式的甲胄是由數量龐大的部件所構成的,而要將那些部件串接起來的材料就是「縅毛」(おどしげ)。以下將介紹縅毛的種類,顏色以及用縅毛製作出來的圖案的知識。

賦予甲胄個性及藝術性的縅毛

使用「小札」(こざね)製作甲胄時,必須先製作把小札以左右方向連結而成的「小札板」(こざねいた),然後再把做好了的「小札板」組裝起來。

小札の組み立て方

小札的組裝方法

像這樣把「小札板」以上下方向連綴起來的動作日文就叫做「縅す」(おどす),、縅すために使われる緒を縅毛と呼ぶのです。 縅毛には、組紐やなめした革(韋紐:かわひも)が使われることが一般的。こうした縅毛は、ただ小札板を縦方向につなぎ合わせるだけではなく、縅毛の色や材質などによって、甲冑を装飾する役割も果たしていました。

縅毛に使われた素材

縅毛

縅毛

縅毛には様々な色や素材が使われており、これらの色や素材がそのまま縅毛の名前として名付けられます。 例えば、絹の組紐を萌黄色に染めた縅毛であれば、「萌黄絹糸縅」(もえぎきぬいとおどし)など。 では、縅毛の基本的な素材である組紐(糸)、韋(かわ)、綾(あや)について見ていきましょう。

♦組紐
組紐を使う「糸縅」(いとおどし)です。材料は絹、麻、木綿などが使用され、これらの繊維をより合わせて糸状にした物を、さらにより合わせて組紐状にしています。
♦韋
鹿や馬の革などをなめして、縅毛として使って行なうのが、「韋縅」(かわおどし)です。やわらかさがありながら強靭さもかね備えている動物の革を用います。
♦綾
織物を切って細かくたたみ、芯材として麻を入れた物で縅す方法を、「綾縅」(あやおどし)と言います。綾は当時の織物の総称で、麻布や絹織物、錦などが使われました。

縅毛の色

縅毛有赤、萌黄/萌葱、紺等各式各樣的顏色,而其中的每一種顏色都有特定的含義。以下就來介紹幾種主要的縅毛的顏色所具有的含義。

縅毛の色(赤・白・紺・浅葱・萌葱・紫)

縅毛の色(赤・白・紺・浅葱・萌葱・紫)

赤色表現的是象徵活力與生命的太陽的顏色。此外,赤色也是日本神道教塗在神社的鳥居表面來避邪的顏色。用來將縅毛染成赤色的染料有茜草根或蘇芳。
因為白色是「沒有染到其他的顏色」,所以具有強韌的貫徹自己的意志的含意。因為這種顏色縅毛的是無法用染色的方式製作出來的,所以都是用經過嚴格挑選的白色的植物性纖維或生絲為材料來製作的。
紺色是經過反覆幾次藍染的過程後,染出的幾近於深黑色的藍色。因為藍染具有殺菌防蟲的效果,所以也含有避邪的寓意。
浅葱
浅葱色在平安時代就出現了的顏色,當時都是用在品級較低的官員的官服上。浅葱色是具有日本象徵性的顏色,也是日本的傳統顏色之一。
萌黄/萌葱
萌黄糸、または萌葱糸は、藍染した物を、さらに上から刈安(かりやす)や黄檗(きはだ)などの黄色系染料で染めることで美しい緑色に染め上げます。萌黄は、その意味の通り若々しさ、強い生命力の象徴的な色ということもあり、若武者の初陣などで使われました。
冠位十二階で定められた最も高貴な色です。染料は「ムラサキ」。ムラサキの根を使って染色すると、きれいに紫根染(しこんぞめ)され、発色の良い紫色の染物ができます。

縅の模様

縅の本来の目的は、小札や小札板をつなぎ合わせて甲冑を成形すること。しかし、数種類の縅毛を組み合わせることにより、大きな1領の甲冑を仕上げたときに、美しい文様を浮かび上がらせることもできるのです。代表的な縅の模様について見ていきましょう。

沢瀉縅(おもだかおどし)
沢瀉縅

沢瀉縅

沢瀉縅は、上を狭く、下を裾開きに縅す方法で、鎧に浮かび上がる大きな色違いの三角形が特徴。 地の色が紫だった場合、地の色に合わせて「紫地沢瀉縅」(むらさきじおもだかおどし)というような呼び方をします。

逆沢瀉縅(さかおもだかおどし)
逆沢瀉縅は、沢瀉縅を上下反転させたような、上を広く、下を三角形の頂点に据えた形の物。「東京国立博物館」(東京都台東区)に所蔵されている「紫糸逆沢瀉縅鎧」(むらさきいとさかおもだかおどしよろい)などが典型例です。
褄取縅(つまどりおどし)
褄取縅

褄取縅

意指袖や草摺(くさずり)の一端を斜めに、地の色とは別の色で縅した物を指します。 國寶「白糸縅褄取鎧」(しろいとおどしつまどりよろい)是南北朝時代最具代表性的大鎧。 現在由青森県八戸市の「櫛引八幡宮」所藏。

匂縅(においおどし)
匂縅

匂縅

是一種顏色一邊淡,另一邊深的連綴方式。 「柏原美術館」(山口県岩国市)所藏之「萌葱糸匂縅鎧」(もえぎいとにおいおどしよろい)現在仍保有精美層次感供人鑑賞。

裾濃縅(すそごおどし)
裾濃縅

裾濃縅

匂縅の一種で、上方を淡くし、下方を濃くする縅し方です。 「兵庫県立歴史博物館」(兵庫県姫路市)に所蔵されている「紺裾濃縅本小札胴丸」(こんすそごおどしほんこざねどうまる)は、江戸時代後期に作られました。 裾濃縅の特徴を今に伝える重要な史料です。

群濃縅(むらごおどし)
1ヵ所を違う色で縅したり、ところどころに色の濃さが違う縅毛を使ったりした物を指します。村濃縅や斑濃縅と表記されることもありますが、読み方は同じです。
肩取縅(かたどりおどし)
袖の最上部の2段、の最上部の2段を、それぞれ基調とは異なる色で縅す方法です。
腰取縅(こしとりおどし)
小札板の中段を、それぞれ基調とは異なる色で縅す方法です。「中縅」(なかおどし)とも呼ばれます。
裾取縅(すそとりおどし)
袖、草摺の下段を、それぞれ基調とは異なる色で縅す方法です。
肩裾取縅(かたすそとりおどし)
肩取縅と裾取縅を組み合わせた物で、袖の真ん中と胴の下部、草摺の上部が基調の色となっており、それ以外の場所が別の色で縅されています。肩取縅、裾取縅に比べると腰取縅に近い見た目です。 ただし、腰取縅はなどにも使われる言葉なので、肩裾取縅とは区別されています。千葉県の有形文化財に指定されている「黒糸肩裾取縅胴丸」(くろいとかたすそどりおどしどうまる)などは、この代表例です。

段縅(だんおどし)
白糸と色糸を、1段ごとに互い違いに縅していく方法を指しています。広島県重要文化財に指定されている「白紫緋糸段縅腹巻」(しろむらさきひいとだんおどしはらまき)は、白と紫と緋色を交互に縅していく、3色の段縅です。
色々縅(いろいろおどし)
色々縅

色々縅

様々な色の縅毛を使った方法で、3~5色程度の色が使われるのが一般的。 重要文化財の「色々糸縅腹巻」(いろいろいとおどしのはらまき)は、肩裾部分が紅と白の段縅のようになっており、腰が茶を基調とした配色です。 決して派手な色だとは言えませんが、縅毛の色の対比が目を引きます。

タイトルとURLをコピーしました